【コラム】第6回 望遠鏡と商圏

こども用の望遠鏡の購入を検討することになりました。望遠鏡に関しては全くの素人です。ところで望遠鏡はどこで手に入るものでしょうか? 最近ではインターネットのショッピングで済ます、といった世帯も多いことでしょう。一部の家電量販店でも取り扱っています。

 

ただ望遠鏡で天体観測をするための専門のツールであり、せっかくなので知っている専門家からのコンサルテーションも含めて検討することになりました。

 

 

望遠鏡

 

 

専門家の知識によるコンサルテーションを含めて検討した場合に専門店を検索してみると、首都圏でもかなり限られてくることが分かりました。個人で経営されている方のお店が多く、秋葉原に1店舗、豊島区に1店舗、府中に1店舗存在しております。(もう少し調べれば望遠鏡の専門店ももっと多く見つかるかもしれません。)

 

 

望遠鏡の商圏

 

 

試しに車による到達圏20分で設定してみると東京の2店舗ではちょっと重なる商圏エリアが出てきましたが、府中の商圏とはだいぶ隔たりが出来て、望遠鏡を購入するためのコンサルテーションを含めた店舗というのはなかなか存在していないことが分かります。

 

同じ買回り品(※)でも専門性の高い商品・サービスや、趣味嗜好の強い商品・サービスは商圏範囲が広い傾向にあります。( 参考記事:業態別の様々な商圏

 

※買回り品(かいまわりひん)とは、最寄り品が普通生活雑貨のことを指すのに対し、耐久消費財や趣味品などを指す用語である。このような商品は価格や品質の比較のため、消費者がいくつかの商店を「買い回る」ためこのように呼ばれる。(Wikipediaより)

 

 

関連リンク

 

 

利用シーンサイト: 商圏分析や地域特性を把握したいビジネスマンのための優しく詳しいエリアマーケティング術

 

企業様向けGISソリューション サイト: 商圏分析、エリアマーケティング、SCM、IoT等の地図活用法をご紹介

 

mapDISCOVERY トップ: mapDISCOVERY トップページ

 

mapDISCOVERY 無料トライアル: mapDISCOVERY 無料トライアル申し込み

 

mapDISCOVERY お問合せ・お見積り: mapDISCOVERY お問合せ・お見積り

 

 

 eBookダウンロード