【記事】第12回 競合店データ

競合店データに関して紹介します。競合店データの種別は主に2種類あります。

 

1.    電話帳データを元にカテゴリ分けしたもの
2.    チェーン店にフォーカスしたもの

 

□電話帳データを元にカテゴリ分けしたもの

 

電話帳データを元にしたもので元データのボリューム(数百万件レベル)がそれなりにあり、個人店も含めてカバーされているので競合店データとして基本のデータとなります。ただし、細かな営業時間などの属性などはありません。電話帳データの歴史はかなり古くからあります。

 

 

□チェーン店フォーカスしたもの

 

チェーン店にフォーカスしており、チェーンを選択することで全国展開しているチェーン店舗が抽出可能です。電話帳データでは、チェーン店に含まれる名称のみのデータですが、このチェーン店データがコード化されて管理されており、チェーンごとの分析には最適です。ただし個人店はないため、地域の商店街で個人経営されているお店などはデータ自体が存在しておりません。データボリュームも電話帳データに比べて数十分の1ぐらいです。(数十万件レベル)

 

電話帳に比べると比較的新しく、Webをクロールして作成していたり、人手による人海戦術などで作成していたり様々です。

 

 

電話帳データ例)

 

電話帳データ例

 

 

□競合店データ比較

 

元となるデータ メリット デメリット
電話帳データ

・個人店も含めて全国をカバー

・地域のローカル店舗も含めて分析できる

・お店の営業時間など細かい属性情報までは有していない
チェーン店データ

・お店の営業時間など細かい属性情報がある

・チェーンごとの分析ができる

・個人店まではカバーしていない

 

 

大は小を兼ねるではないですが、すべての領域をカバーできる電話帳データを基本とし、必要に応じてチェーン店データを利用する、といったスタンスをお勧めします。

 

 

関連リンク

 

 

利用シーンサイト: 商圏分析や地域特性を把握したいビジネスマンのための優しく詳しいエリアマーケティング術

 

企業様向けGISソリューション サイト: 商圏分析、エリアマーケティング、SCM、IoT等の地図活用法をご紹介

 

mapDISCOVERY トップ: mapDISCOVERY トップページ

 

mapDISCOVERY 無料トライアル: mapDISCOVERY 無料トライアル申し込み

 

mapDISCOVERY お問合せ・お見積り: mapDISCOVERY お問合せ・お見積り


 

 eBookダウンロード