【コラム】第40回 独身の日の需要喚起

11月11日は中国などで特に光棍節(こうこんせつ)と呼ばれ、元は1993年に南京大学の寮生たちが始めたイベントが起源だそうです。(ウィキペディアより)
2009年に中国の大手ECサイトがこの独身者の日にあわせて開催したセールが予想以上にヒットし、そこから毎年開催されるようになったようです。日本でも2019 年は、大手小売り業者が自社のECサイトにて11月11日にちなんで、ある商品などを111,111円などの価格設定でセールなどを行っていました。また、2020 年は越境 EC を狙ってネット中継で商品を紹介する「ライブコマース」に力を入れる企業も増えてきているようです。

日本では海外ほど浸透していない独身の日ですが、今後日本でも大々的なイベントや文化になっていくかもしれません。

 

 

 

□首都圏のJR中央線、京王線沿線、周辺沿線上で1人世帯の多い駅は?

 

参考情報ですが首都圏のJR中央線、京王線が表示される範囲で駅から同心円1kmの商圏を設定し、1人世帯の多いエリアを見てみます。(国勢調査には1人世帯、2人世帯の数などが統計情報で公開されておりますが必ずしも独身者とは限りません。)

 

1人世帯数の多い地域

 

 

1人世帯数が多い駅としては、上位から高円寺、中野、笹塚、西太子堂(三軒茶屋近く)、代田橋などが並んでいます。新宿に近く、電車に乗ってすぐに都心に出やすい場所が人気のようです。

 

 

順位 首都圏の中央線、京王線沿線、周辺沿線上で1人世帯の多い駅(同心円1km)
1人世帯数(数) 1人世帯構成比(%)
1位 JR中央線 高円寺 32,076世帯 68.8%
2位 JR中央線・東西線 中野 29,116世帯 66.2%
3位 丸の内線 新高円寺 28,182世帯 66.1%
4位 丸の内線 東高円寺 28,163世帯 65.4%
5位 京王線 笹塚 28,066世帯 64.7%
6位 東急世田谷線 西太子堂 26,298世帯 61.4%
7位 京王線 代田橋 26,104世帯 65.3%
8位 JR中央線 阿佐ヶ谷 25,261世帯 63.3%
9位 西武新宿線 沼袋 23,212世帯 62.8%
10位 西武新宿線 野方 23,166世帯 61.6%

 

 

クリスマスやハロウィンみたいに海外の催しが日本に定着したように、もしかしたら独身の日もインターネット上のみならず、リアル店舗でも販促活動が活発になり、11月11日11時11分タイムセールみたいな日が来るかもしれません。

 

関連記事:節分と恵方巻と需要喚起

 

 

関連リンク

 

 

利用シーンサイト: 商圏分析や地域特性を把握したいビジネスマンのための優しく詳しいエリアマーケティング術

 

企業様向けGISソリューション サイト: 商圏分析、エリアマーケティング、SCM、IoT等の地図活用法をご紹介

 

mapDISCOVERY トップ: mapDISCOVERY トップページ

 

mapDISCOVERY 無料トライアル: mapDISCOVERY 無料トライアル申し込み

 

mapDISCOVERY お問合せ・お見積り: mapDISCOVERY お問合せ・お見積り

 

 

 

 eBookダウンロード