商圏分析や地域特性を把握したいビジネスマンのための優しく詳しいエリアマーケティング術

2020年11月更新

難しい式も操作説明書も何も出さずに今まで直感で商圏特徴を把握していたビジネスマン・経営者向けに簡単に客観的にデータから商圏を読み解く記事をシリーズ化して連載していきます。ここではハフモデルのような難しい数式などは出てきません。

eBookダウンロード
 
第1回(業態別のさまざまな商圏)
駅前のスーパー、住宅街のスーパー、駅ナカ、オフィスの自販機、郊外のショッピングモールなど商圏の大きさや特色は様々です。
第2回(最もスタンダードなデータで特徴をつかむ)
国勢調査平成27年度を利用します。巷でいう商圏分析のもっともスタンダードな方法を紹介します。
コラム(パン屋さんでパンが売れている曜日は?)
パン屋さんでパンの売れている曜日は皆さんいつだと想像しますか?
第3回(ペルソナの活用)
商品やサービスを利用する顧客像を架空の人物モデルとして設定した最も重要な人物像を定義してみます。
第4回(動態データの登場~種類・それぞれの特徴など)
国勢調査は5年ごとで調査年から世間に公開されるまで数年を要します。
データの信頼性はありますがフレッシュな状態ではないので、新興住宅街やオフィスなど発展の目覚ましいところにはズレが生じる可能性もあります。その点、キャリア会社や位置情報プラットフォームサービス会社などによる動態データはフレッシュな状態で直近の動態データとして利用するのに好都合です。
第5回(メーカー営業Aさんが小売りX社のバイヤー担当に自社新商品を使った販促提案を行う)
飲料メーカー営業のAさんが自社新商品の飲料を小売りX社のバイヤー担当に売り込むための提案を行うこととなりました。自社の新商品の特徴や小売りX社の特性を活かして相乗効果での売上に貢献するプレゼン資料を作成しなければなりません。
コラム第2回(歩行者の集まる場所)
歩行者の集まる場所はどこ?
第6回(ブランドについて語ろう!)
ブランドというと高級外車やバッグ、アクセサリーといったものに結びつきやすいですが、ここでは身近な日常の食品から七味ブランドについて考えてみたいと思います。
第7回(購買データの種類)
購買データ(正確に言うと購買履歴データ)には様々な種類が存在します。おおよその分類としましては、POS(いつ何が売れたのか。人の属性までは分からない)、ID-POS(POS+誰が買ったか)、レシート(家計簿アプリなど)、共通ポイントや会員カードなどのプラットフォーム統合データなどが存在します。
コラム第3回(新業態でニーズを引き出す)
何かものを売るにしてもサービスを提供するにしても提供方法は各企業それぞれです。この違いを「業態」と呼んでいます。小売業を例にとると百貨店、スーパーマーケット、コンビニ、ドラッグストア、インターネットショップでは、扱う製品やサービス、提供する店舗などが異なっています。
第8回(ドミナント戦略とは?)
コンビニエンスストアを筆頭にスーパーマーケットや飲食店などのチェーン店展開を行う業種が、出店の戦略としてとってきたのが「ドミナント戦略」と言われるものです。
コラム第4回(他にはないレアな価値)
何か身近な商品やサービスだけれども記念日や行事、イベントにあわせてちょっとしたロゴやデザインを変えてみる、といった工夫で売上も変わってくるかもしれません。
コラム第5回(節分と恵方巻と需要喚起)
大阪で節分に太巻き寿司を食べる風習があるという言い伝えを、現代において明確なニーズとして需要を喚起した人がいました。
第9回(推計将来人口データ)
動態データはちょっと高価でハードルが高いという場合に第3の選択肢として検討に入れるのが将来推計人口です。
コラム第6回(望遠鏡と商圏)
同じ買回り品でも専門性の高い商品・サービスや、趣味嗜好の強い商品・サービスは商圏範囲が広い傾向にあります。
第10回(商圏の決め方)
商圏の決め方は、主に2ステップあります。まず、1つ目に基点となる場所を決め、2つ目にどんな商圏にするかを決めます。いろいろ決めるための条件はありますが簡単に分けると2つのステップで収まります。
第11回(競合店調査)
あるエリアに店舗を出すときに気になるのが競合店です。そこで今回は競合店の調査をテーマに記載したいと思います。
第12回(競合店データ)
競合店データの種別は主に2種類あります。1.電話帳データを元にカテゴリ分けしたもの 2.チェーン店にフォーカスしたもの
コラム第7回(土地・建物開発のための下地調査)
現地の風景や現場の直感も大切ですが、それと合わせて客観的な指標も一緒にプロジェクト企画に添えていくとより説得力が増します。
第13回(社内にPOSデータは眠っていませんか?)
POSデータやPOSデータから集計したサマリデータはあるけど社内で眠ったままになっていませんか?ちょっと頑張って集計するだけで、もしかしたら好調店、不振店の把握や商品販売の提案などに活用できるかもしれません。
第14回(動態データその2~メイン通りと路地裏の人通りの傾向把握)
ある不動産関連サービスの方とお話をしていた際にメイン通りと路地裏の通りで不動産価格がだいぶ変わってくるというお話を聞きました。たしかに観光地や商業地のメイン通りは一番人通りが多く、ちょっと脇道に行くと人が閑散としていたりする光景が浮かびます。
第15回(POSデータの簡単エクセル加工法)
スーパーのマスタデータと集計加工した牛肉のPOSデータが手元にあるとします。マスタデータに住所の位置情報が存在するので、店舗IDをキーにして2つのテーブルをエクセルで簡単に結合して地図上で可視化してみたいと思います。
第16回(推計年収別世帯数データ)
推計年収別世帯数データは、国勢調査の世帯数データと住宅土地統計調査の年収階級×住宅の所有形態別世帯数データを用いて、任意の地域にそれぞれの年収別に世帯がどれだけ存在するかを推計して出しています。
第17回(高倉町珈琲のカニバリゼーションを防ぐ出店【分野:飲食】)
先週テレビ東京のカンブリア宮殿にて外食の出店の話題が取り上げられていました。その中で、高倉町珈琲の出店は人口15万人に1人という明確な基準がある、という旨の話を会長の横川さんがされていました。
第18回(小売業の変化と卸業のリテールサポート強化【分野:消費財卸業orメーカー/食品卸業orメーカー】)
スーパー、ドラッグストア、コンビニ、ホームセンター、家電量販店と小売業の業態のすみ分けは以前ほどはっきりしたものにはならなくなってきています。また、小売業の熾烈な商品販売の中で、卸業も画一的な商品では現在の多様な消費ニーズに答えきれません。
第19回(地域特性に応じた物件のアピールポイント【分野:不動産】)
山手線に49年ぶりの新駅「高輪ゲートウェイ」が2020年3月14日(土)に開業されました。山手線と京浜東北線のすべての列車が停車するそうです。駅のデザインはあの国立競技場を設計した建築家の隈健吾さんです。
コラム第8回(新型コロナウィルスと需要の変化)
週末にイベントや行楽地へ行く需要が代わりに自宅で家族などと過ごす時間に多く割かれるようになりました。そこに需要の変化が出てきています。
コラム第9回(緊急事態宣言後の消費動向の変化)
休日だけでなく平日も都心よりも住宅地で過ごす人の割合が増えて、その結果消費動向も変化してきています。
第20回(チェーン店ごとの立地特性と提案商品【分野:小売り・メーカー・卸】)
首都圏で店舗を展開するサミットと成城石井の立地特性を把握し、それぞれのチェーン店の店舗の特性に応じた商品提案を試みてみることにします。
第21回(推計消費額データ)
推計消費額データは統計局が公表しております家計調査(家計収支編)データが元になっています。ただし、統計局が公表しているデータ粒度は都道府県の県庁所在地のある市区町村別データがもっとも粒度の細かいデータとなっています。そのまま眺めたとしても県庁所在地の市区町村でしか使えません。
コラム第10回(消費動向の変化と食品ロス対策)
いっさいの人の移動が減少したことにより、観光地のお土産も在庫が積みあがっていることなども報道にあります。一部の首都圏のスーパーではそうしたお土産屋さんの業者を応援しようと在庫商品を取り扱っている動きも出てきています。
第22回(店舗の入場制限・屋内の人数把握など)
現在のAIやIoTなどの技術を組み合わせれば店舗内にどれだけのお客さんがいるか自動で把握できる可能性があります。
コラム第11回(消費動向の変化その2~Stay Home 週間~)
外出自粛により自宅で過ごす時間が増えています。自宅で過ごす時間に合致したサービスや商品が受け入れられ、消費されていく傾向にあります。
コラム第12回(消費動向の変化その3~高級食材~)
通常の日常であれば、お寿司屋さんなどでその日に市場に並んでいる食材を仕入れてさばいてお店の食材として消費者に提供する流れとなるかと思いますが、外出自粛中の昨今ではプロの料理人を通した提供がしづらいのが現状です。
第23回(店舗の立地戦略【分野:宅配・仕出し・ケータリング】)
チェーン展開を目論む場合ですがこの物流関連の中で立地戦略が非常に重要になってくることでしょう。自社の拠点の隣に不動産経費が安いからともう1拠点展開しても意味はありません。自社チェーン通しの商圏がかぶらない程度に上手に展開する必要があります。
コラム第13回(暮らしの変化とデータの扱い方~国勢調査・動態データ~)
オフィス街への出勤する人の数が減り、住宅地で過ごす人の割合が増えています。
コラム第14回(消費動向の変化その4~夏需要・通勤形態の変化~)
在宅勤務が週に数回とオフピーク通勤の併用といった際にニーズのありそうな需要に関して考察してみたいと思います。
第24回(店舗陳列・棚割りの基礎と売上実績【分野:小売り・メーカー・卸】)
商品の売上に関係してくる店舗の陳列や棚割りの基本に立ち戻ってみます。商品のディスプレイ方法は様々です。何か目的の品を買いに来たけど、ついつい別の商品を手に取ってしまうことはありませんでしょうか?店舗では売上を伸ばすために様々な工夫や商品提案がなされています。
コラム第15回(リキッド消費 ー liquid consumption )
リキッドは「liquid」で、英語で液体ですが、液体の消費?とは何か最初はイメージが浮かびませんでしたが、調べていくうち現代の消費行動を深く洞察した言葉であることが分かりました。
コラム第16回(マクドナルドのスマートな価格戦略)
マーケティング思考の進んだ企業と実感です。
コラム第17回(統計ヘッドラインから読む消費動向)
レポートには、新型コロナウィルスの感染拡大により、消費行動に大きな影響がみられた主な品目などが公開されております。
コラム第18回(自宅飲み需要を見越したキャンペーン)
サントリーさんが発泡酒の小売り販売の夏需要を見越して早々と夏に向けたキャンペーンを用意されています。いつもは似たような春先か夏前ぐらいの時期に1期間(数か月ぐらい)シールを集めて消費者に応募させる形式のキャンペーンをなさっておりますが、春先に続き夏のキャンペーンも連続で用意されているのは、例年にはないものです。春のキャンペーンと夏のキャンペーンの間はわずか2週間ほどです。
コラム第19回(空き家の増加とこれからのライフスタイル)
リモートワークが進んだ2020年6月以降では、都市部でのオフィスの間借り自体の傾向には歯止めがかかり、今後は都心から離れた郊外の中核の地都市を中心に再生が図られると読んでいます。
コラム第20回(飲料メーカーの夏の陣)
数年前にキリンさんがお茶のリニューアルをされ、夏のお茶といえば「生茶」のイメージがありましたが、今年に入りサントリーさんがキリンさんの生茶を意識した新「伊右衛門」をリリースしてきました。
コラム第21回(飲食業界の現況)
とあるメーカーさんになりますが、在宅勤務の浸透によって家庭用の商品の売れ行きは増加しているのに対して、業務用(飲食店用)はかなり売れ行きが減少しているようです。
コラム第22回(スマホ決済の今後)
過去の決済手段は、銀行振り込みやカード決済などが主だったものでしたが、今後はスマホ決済のサービスの充実が加速していくことが予想されます。
第25回(ID-POSデータと販促活動【分野:小売り・メーカー・卸】)
POSデータがある店舗で何がいつどれくらい売れたのかがわかるのに対し、ID-POSデータは、ID(≒年代、性別、住んでいる地域など)という人のある程度の属性までがわかる情報を言います。
コラム第23回(ESRIユーザーカンファレンス開催中!)
米国ESRI社の年1回のイベントであるユーザーカンファレンスが始まりました。本サービスのコアテクノロジーもESRI社のArcGISが使われています。そして、何を隠そうGIS(地図情報システム)という分野で世界シェアNO.1の実績を持っております。
コラム第24回(ビジネスの本質的価値を地図情報分析の戦略に組み込む)
目標を定め、計画を立て、項目に優先順位をつけ、実行し、情報共有し、そして一番大切なことはビジネスの本質を理解することです。
第26回(新たなマーケットへの参入時に考慮すべきこと)
新たなマーケットへの参入時に考慮すべきことを3つほどご紹介します。 1.商圏の類似性 2.カニバリゼーション(共食い) 3.ハロー効果(halo effect)
コラム第25回(通信キャリア法人のポイント サービス)
通信キャリア法人でクレジット カード、ポイント カード、電子決済サービスを展開している法人はどこも個人の基本属性、年収、支払い能力に加えて、購買履歴から趣味嗜好や平日・休日の活動場所などをすべてデータとして持つことが可能になります。
コラム第26回(AIカメラの可能性)
ここ数年で急速に技術の進歩している分野が、AIを活用した画像認識です。カメラから撮った画像を、AIを用いて分類し、認識目的の対象を分類したり、識別したりする技術です。デジタル画像のデータの持ち方とAIのニューラルネットワーク解析の相性がよかった相乗効果であると言えます。
コラム第27回(消費動向の変化その5~エンターテインメントのオンライン化~)
エンターテインメント業界のビジネスが大きく変わってきています。今までリアルの世界でイベントなどを開催して、1人に対して1チケットを販売するライブなどが、今年は新型コロナウィルスの影響で、オンラインでの開催に切り替わってきている場合が多いようです。
コラム第28回(消費動向の変化その6~アルコールの消費エリアの変化~)
1月に消費されるアルコールの消費額は2019年の昨年の時点では、山手線沿線内が確か首都圏全体の約7割で、山手線沿線外で約3割だったのが、今年のwithコロナの状況下になり、山手線沿線内が約3割に減り、逆に外食などの飲食店などで飲む場合は、自宅近くのお店で飲む機会が増えているそうです。
コラム第29回(小売業の事業変化~移動式スーパー~)
都会暮らしで駅を歩いて徒歩数分にコンビニが複数あり、スーパーも自転車で10分も走れば何軒かあるエリアですとなかなか潜在ニーズに気づきませんでしたが、地方を中心に移動式スーパーが活躍しているそうです。
コラム第30回(消費動向の変化その7~昼のランチ~)
在宅勤務がない時代であれば仕事の合間の平日のお昼であれば、都心のコンビニや定食屋に落ちていくお金が、郊外の住宅街近くの店に落ちていることになります。
コラム第31回(販売チャネルの拡大 ~マックデリバリー~)
リアル店舗を主戦場としていた飲食チェーン店もテイクアウトやデリバリーでの販売方法を選択しています。リアル店舗での売上の伸びが期待できない中で、新たな販売戦略を模索しております。
コラム第32回(国勢調査)
5年に1回の国勢調査が総務省統計局主導のもとにはじまっております。インターネットでの回答は9/14より受付開始しており、10/7までだそうです。調査票(紙)での回答は10/1~10/7とインターネットより短めの期間となっております。
コラム第33回(家具売りから生活提案へ ~インテリア小売業の店舗展開~)
家具などの耐久消費財はライフステージの変化とともに売れる傾向の強い商品でしたが、近年は各社でコアとなるインテリアの販売はもとより、インテリアやライフスタイル、食にまで手を伸ばして事業を展開しています。
コラム第34回(ロードサイド店舗におけるプローブデータ活用の可能性)
ロードサイド店舗の立地を選ぶ際に候補物件リストから1つ1つ現地調査を行う、といった手法が確実ですが、この絞込フェーズでプローブデータを活用すればもう少し効率よく立地候補を絞れそうです。
コラム第35回(リモートワーク需要増加時の居住エリア)
リモートワークの需要増加に伴い居住エリアの見直しを検討している世帯も増えています。不動産投資に対する方策も見直しを迫られている時期でしょう。
コラム第36回(市場規模と企業POSデータ、N1分析など)
市場規模と小売業などにおけるPOSデータを比較することで、特定の商品やブランドの市場の売上動向と比較した実績(POS)のギャップが発生していることを把握できます。
コラム第37回(電柱の新たな活用モデル)
電柱などを活用した新たな宅配ボックスサービスの実証実験が関西で始まるようです。巣ごもり需要でEコマースの需要が増える中、物流センター、ドライバー、そしてラストワンマイル側の商品を顧客に届ける手段として新たに「電柱」が登場しました。
コラム第38回(ネットスーパー事業の動向、お買い物代行サービスの登場)
ネットスーパーはいろいろな企業が参入、撤退などをしてきましたが、2020年現在の業界動向を調べてみました。
コラム第39回(クロス マーチャンダイジングとは?)
先日のテレビで、あるお菓子メーカーの陳列手法で飴とグミを並べて棚割りする方法が紹介されていました。飴とグミの購買の相乗効果を狙う手法で売上が前年比で10%アップしたそうです。スーパーの肉売場で焼肉のたれがあったり、お酒コーナーにおつまみが並べられていたりしますが、このようにカテゴリーの異なる関連商品を並べて陳列することで、購買意欲を掻き立てる展示手法をクロス マーチャンダイジングと呼びます。
コラム第40回(独身の日の需要喚起)
2009年に中国の大手ECサイトがこの独身者の日にあわせて開催したセールが予想以上にヒットし、そこから毎年開催されるようになったみたいです。日本でも大手小売り業者が自社のECサイトにて11月11日にちなんで、ある商品などを111,111円などの価格設定でセールなどをやっているようです。
コラム第41回(業態と業態転換)
小売業は商品を販売する業種ですが、百貨店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ディスカウントストア、ドラッグストア、ネットショップなどでは、接客から商品の棚割り、商品ロット、決済方法まで販売方法は異なってきます。
コラム第42回(人流データの属性)
携帯電話の位置情報などをもとに作成したリアルな人口分布データである「人流データ」に属性情報がある場合、その根拠はどうなっているでしょうか?
コラム第43回(マーケティングリサーチ)
マーケティングのリサーチ手法には様々な種類が存在します。今回はその紹介とエリアマーケティングの特徴に関して触れたいと思います。
コラム第44回(オフィスの空き室率)
オフィスの空き室率の上昇がニュースなどで流れていますがデータを元に可視化してみたいと思います。ホームページより公開されている地域は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の6地域でした。これを、地名を元に場所に落として地図上で可視化してみたいと思います。
コラム第45回(住環境の保全と資産価値)
小高い丘の南斜面に面した戸建ての住宅街などは「地区計画」が制定され、住宅の資産価値が守られているエリアが存在します。
予定(店舗開発)
飲食店や小売店等の店舗を出店するために、出店場所の候補となっている不動産(物件)の調査から、開店までの工程を管理する店舗開発に関して取り上げます。
予定(コンテンツマーケティングと購買行動プロセス)
今までは自社商品を販売するために企業がユーザーの注意(Attention)を引き、購買行動を起こさせることを主体としてきましたが、ユーザーからの発見(Discovery)が購買行動を引き起こすプロセスへ移行しつつあるのが今起きている現実です。
消費者がインターネット上の検索サイトから自由に商品やサービスを検索して、自身で欲しい情報を取得し、必要であれば実店舗で実物を確認するといった行動をとってきています。
予定(商圏分析にいくらコストをかけるのか?)
コンサルタント依頼料、無料サイト、クラウドサービス、ソフトウェア購入、データ購入など商圏を分析するためには様々な方法が存在します。一般的に人に依頼するコンサルタントが最も高く、ソフトウェア+データ購入、クラウドサービスなどがそれに続き、フリーのサイトを利用するのが最もお金のかからない方法です。ただし、お金がかからない方法ほど同じアウトプットを出すのに時間がかかるという別の側面もあります。
関連リンク
利用シーンサイト: 商圏分析や地域特性を把握したいビジネスマンのための優しく詳しいエリアマーケティング術
企業様向けGISソリューション サイト: 商圏分析、エリアマーケティング、SCM、IoT等の地図活用法をご紹介
mapDISCOVERY トップ: mapDISCOVERY トップページ
mapDISCOVERY 無料トライアル: mapDISCOVERY 無料トライアル申し込み
mapDISCOVERY お問合せ・お見積り: mapDISCOVERY お問合せ・お見積り
 
eBookダウンロード